【借金】個人再生とは?内容と流れを説明

個人再生とは、借金を整理する方法の一つです。法律によってその手続きが定められているという点では、自己破産と似ています。ですから、交渉などをする必要はなくて、要件を満たせば誰でもできる手続きです。その目的は、経済的に生活を自立させることだと言えるでしょう。例えば、住宅ローンを返済中の人の場合、それ以外の借金をすべて整理することができるというメリットがあります。つまり、マイホームを失わないでほかの借金の減額などができます。このようにして経済的に生活を再生させることを目的として、法律によって制度が定められているのです。

 

その流れについてですが、多くの場合には弁護士や司法書士に依頼します。このときに、受任通知が債権者に発送されます。そして、過払い金が発生していれば引き直し計算が行われます。その後、申し立て書類の作成が行われ、裁判所に申し立てが行われます。

 

裁判所では再生委員との話し合いなどがあり、1ヶ月後くらいに決定されます。債権者が裁判所に主張するなどの段階を経て、次は再生計画の提出があります。その計画が認められると、残りの債務を返済していくことになります。

 

このようになっていますが、多くの場合には弁護士事務所や司法書士事務所がほとんどを行ってくれますから、依頼した場合には、どちらかというと待っている時間が長いと言えるでしょう。踏み倒すために時効を利用しようと考える人もいるようですが、それよりも遙かに短い時間で終わります。