【借金の踏み倒し】時効はあるもの?どれくらいで成立するの?

借金に関しては時効という制度があって、法律によって踏み倒しすることができます。その期間についてですが、一般的な債券の場合には10年、商事債権の場合には5年となっています。商事債権というと少しわかりにくいかも知れませんが、これは業者から借りた場合を指すと考えれば分かりやすいでしょう。法人から借りた場合には5年で、個人から借りた場合には10年と考えれば分かりやすいです。

 

例えば、消費者金融や銀行などから借りた場合には5年となりますが、友人から借りた場合などには10年となります。これくらいの期間で成立しますから、割と短いと感じる人も多いでしょう。しかし、実はただ単に時間が経てば良いというものではありません。定められた時間が経過した後に、「援用」という手続きを行わなければなりません。ほかにも、裁判所を通して請求したり、あるいは催促したりした場合には、中断という扱いになり、時間がリセットされることになるのです。その状態からさらに時間をかけて待つしかないのです。

 

借金を返済できない状態になって合法的に踏み倒すことはできるのですが、現実的に考えれば業者側もプロですから、成立しないように時効の中断を狙ってくることもあります。このような場合にでもほかの方法で借金をうまく整理していくことはできますから、踏み倒しをしようと考えて長い時間をかけるよりも、弁護士などの法律の専門家に相談をした方が早く解決するでしょう。