【借金滞納で困った!】債務整理とは?

借金滞納債務整理とは、借金を滞納してしまったときに、弁護士に依頼をして借金を減らしてもらう手続きのことを言います。任意整理、個人再生、自己破産などの種類があります。任意整理では、金融機関と交渉をして利息と遅延損害金を減額もしくはゼロにしてもらいます。個人再生では、法律で定められた手続きに従って借金を大きく減額します。自己破産では、すべての借金を帳消しにすることができます。自己破産が最もメリットが大きいように思えますが、だれでもできるわけではなく、またデメリットも大きいです。
必ず弁護士などの専門家に依頼をしなければならないわけではなく、個人で行うこともできます。自分で調べながら手続きができる人は、個人で行ったほうが費用が節約できます。しかし、失敗する可能性もあることを考えると、専門家に依頼をするのが確実です。
借金滞納債務整理では、借金を滞納している状態であってもできることがメリットです。おまとめローンや借り換えローンでは、それなりに厳しい審査がありますので、すでに延滞をしてしまっている場合には難しいでしょう。しかし、債務整理では延滞をしていても、強制解約をされて借金の残高を一括請求されている状態でも行うことができます。しかし、いざとなったら借金滞納債務整理をすればよいと考えていると、大きなデメリットを被ることもあります。できるだけ早い段階で専門家に相談をしたほうがデメリットの少ない方法で解決ができるでしょう。相談だけなら無料でできる法律事務所も多いです。返済シュミレーションをしてみて、返済が困難かもしれないと思ったら早めに相談をしましょう。