債務整理の費用は分割してもらえる?

債務整理とは、返済することが困難または不可能になった場合に借金を整理して減免や免責を求めるというものです。債務整理と一口にいってもいくつかの種類があり金額に応じて行う必要があります。収入に対して返済することが可能な場合に行なわれるのが任意整理で、この場合には弁護士や司法書士に交渉を依頼して債権者と交渉することになります。また自己破産や個人再生は裁判所に申し立て、裁判所が認めれば減免や免責を受けることができるものです。
いずれにしても費用は必要で、弁護士や司法書士を雇った場合には、扱う金額や業者の数によって変わってきますが7万円から40万円程度のお金は必要になります。また裁判所に申し立てる場合にも法定費用のほか破産管財人などを手続きを行うための人を雇わなければならない場合には、その人への報酬を支払わなければなりません。いずれにしても無料で債務整理を行えないのが現実です。
一方で借金が理由で債務整理を行うわけですから、債務者にはその費用をお支払いするだけの能力に問題があるのが一般的です。特に弁護士や司法書士を雇えば10万円程度の出費は必要であり、そのようなお金をすぐに払える状態にある人は稀です。このため多くの事務所では分割払いに対応しています。ただしあくまでもこれは事務所側の対応であってすべての事務所が行っているわけではないので事前に確認する必要がありますが、法テラスなど公的な司法支援機関を利用することで分割払いの仲介を受けることも可能です。