借金を滞納していても過払い金の請求はできるの?

過払い金は、消費者金融などから借金をしていたさいにグレーゾーン金利が設定され利息を多く支払ってしまったお金のことです。このお金は返還請求することで取り戻すことができます。しかし、取り戻すためには弁護士や司法書士に依頼する必要があります。個人でも請求をすることは可能ですが、個人相手の場合には消費者金融が対応してくれるケースは稀です。
一方で借金滞納過払い金であっても、返還を求めることは可能です。借金滞納過払い金の場合の条件としては、第一に過払い金が発生していることです。このため実際には、債務額を再計算する必要があり、利息の再計算を行う必要があります。このさいには消費者金融など借りている業者から返済履歴などを取り寄せる必要があり、個人で行う場合にはここが最大の悩みとなります。履歴を手に入れることができなければ、正確な額を知ることができないため債務整理することが困難です。このため弁護士や司法書士に依頼する必要があります。弁護士や司法書士に依頼して任意整理を行うことで取り立てを停止させることができますし、業者も対応してくれるようになります。ただし交渉事であるため、金融関係に強い事務所を選ぶのがポイントになります。
なお、過払い金はあくまでも法律で定められた金利をとっていた場合に発生するため、遅延損害金であっても法定以上の利率を設定した場合には返還請求を行うことができ、お金を取り戻すことができます。