借金滞納していて差し押さえの通知が来てしまったら?

借金は必ず返済しなければいけないものですが、何らかの理由で滞納を行った場合には取り立てが行われます。最初は電話やハガキによるものが中心で、その後、直接取り立てに来ることもあります。現在では、法律で取り立ての規制が厳しくなったため暴力的な回収は行われなくなっていますが、金額が大きければ借金滞納差し押さえなど法的手段に業者が出るケースがありますし、少額の場合にでも債権回収会社に売却されるケースもあります。
そもそも、消費者金融にしても慈善事業でお金を貸しているわけではなく、利用者を信用してお金を貸しています。このため貸したお金を返済してもらえなかった場合には赤字となってしまいます。このため法的手段として借金滞納差し押さえを行って取り立てることになります。
差押えは、裁判所に申し立てて債務者の借入金額に応じて資産の移動の自由を制限するというものです。以前は家財道具が差押えられるといったイメージがありますが、現在では給与を法的な権限で強制的に押さえるのが一般的です。このさいに会社に直接来る場合もあります。また銀行口座から強制的に借入金分を取り立てるケースもあります。
ただし、いずれも裁判所からの事前通知が行われてから実施されるので、来た段階では実行される前であるため対応することは可能です。ただし裁判所に申し立てている以上はその費用を業者は負担しているため強硬な態度に出ていると考えることができ、対応手段としては返すことが可能であれば全額を返すかもしくは債務整理といった法的な救済手段を取る必要があります。